スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんだ勘違い。 

やらかした…

うちの大学に
「ジェンダーフリースペース」
と言って、ジェンダー関連の本とかがたくさんおいてる部屋があるんです。
そこの部屋にプロゼミの先生と友達3人で行ったんです。
一人の友達は
「宿題がわからない」ということで、
先生と今後について話し合っていました。
私ともう一人の友達はすることがなく。

そしたら机の上に置いてあったある本に目がいきました。

「男の仕事場」

名前だけならジェンダー関連の本っぽいですよね?

表紙がもろBLでしたOTL

それを見た友達が
「あ、BLだー」
と言ったもんだから、
(先生たちは話しちゃってるし、この子も知ってるみたいだから見ても平気かな)って思って、
隣でペラペラと見てました。

内容はギャグ(まぁ軽くアッー!な絵もありましたが)でおもしろかったです。

そしたら友達が
「それおもしろい?」
と言うもんだから、
おもしろいよと言ったんです。

読みはじめる友達。

しばらくして、衝撃の一言!!!!!!

「ちょっと気持ち悪いかも…」
本を戻す友達。
ちらっと読んでるとこ見たらちょうど少しアッー!なシーンでした。

ちょっ、ええぇぇぇぇぇ!!!!!?
言葉知ってるだけとか!?
仲間かと思ってたのに!!
危うく色々聞きそうになっちまったよ!!
てかふつーに隣で読んで、
おもしろいとまで言ってしまった……OTL

彼女は心が広いと信じているよ…。
スポンサーサイト

都会怖ぇー!!!!!! 

20080614000056
今日の晩御飯ですv
生煎饅頭(せんちんまんじゅう)という、焼き小籠包だとか。
いつも人が並んでて気になってこの前買って食べたらうまかったw
この前は持ち帰りだったので、今日はお店で食べてきました。

え、1人ですけどなにか?もう全然平気ですよ。
それに他にも1人で食べてる女の人いたし。
ただ最寄駅だと同じ大学の人にたくさん遭遇しそうなのであれですが。

ちょっと待ったけどおかげでできたて食べることができました。
小籠包だけに中のスープが熱いけどジューシーw
熱いのでかぶりつき注意の説明書きも。
外の皮はカリっとしてて、中のスープと餡がうまいんですよ。

このお店の5m先に雑誌で紹介されたことのあるラーメン屋さんがあるので今度はそこも食べてみようと思います。

今日は2回も怖い体験をしてしまいました。

①ゲーセンで怪しい男の人に声をかけられる

ポップンプレー後、場所を開けたものの、後ろの人がやろうとしない。
歳のわりにそのへんのおじさんの格好のお兄さん。
「やらないんですか?」
「あ、いや僕はいいです。こういうのできないんですよね」
(やってみたいのかな?)
周りの音でよく聞こえず、勝手に、やりたいけどよくわかんないから教えてほしいのかと解釈。
この解釈が間違え。
「楽しいですよ♪」
だがやらなそうだ。
「あ、いいですか?(んじゃあやっちゃお♪)」
さてやろうかと台に近づいた時。
「あの~、付き合ってる人とかいますか?」
「いませんけど?」
普通に答えてしまう。
「もしよければ付き合ってくれませんか」

(はぃ~!?)

「いや、初対面でそんなこと言われましても…」
「お願いします。絶対うまくいくと思うんです。こういうゲームとかできないんですけど」
(一体何を根拠に!?ヤバイ、変な人だ…どうしよ…)
「いや、あたし好きな人いるんで…」
とりあえず好きな人がいると言ってみる。
「僕は別に大丈夫ですから。」
「(大丈夫じゃねー!!!)いやー、その人じゃなきゃダメなんです…」
「ダメですか?付き合ってくれませんか?友達からでもいいんで」

あとでただ遊んでほしかっただけなのかなと思ったけど、それで友達からは使わないだろう。

そのあと1プレイしてる間(つーかお前、帰れよ)もお店の中ウロウロしながらこっちを覗いたり。
帰ろうとすると、

「帰っちゃうんですか?」
「はい、じゃあ…」
足早にゲーセンを出る。
後をつけられたらどうしようと不安になる。
後ろから足音。

(まさかさっきの人!?)

恐る恐る後ろを向くと女の人だった。

(ほっ…)

手は出されなかったけど、なんだかんだ言って怖い体験でした。

②ヤ○ザ?に遭遇
追ってこないよね?とドキドキしながら帰ってる途中、
車一台通れるくらいの道に車が一台。
だからって路地裏でもなく、大通りから一本くらい入った道だけど、人はまぁまぁ歩いてる。
でも普段車なんか通ってない。

黒光りの車。
どこのナンバーか忘れたが、あきらかにこの辺じゃなかったのだけは覚えてる。

車から降りた人も、外でその人を待っていた人も、運転手も、
明らかにヤk(ry
何か集まりでもあったのだろうか。

また少したってから同じ場所を通ったら車はいなくなっていたが、相変わらずその筋っぽい人とクラブのボーイさんらしき人が出迎えなのか、外に立っていた。

じろじろ見てて巻き込まれたらたまったもんじゃないと思いつつ、
クラブのボーイさんと思われる蝶ネクタイのお兄さんをジーっと見てしまったり。
(かっこいぃ…v)←

やっぱ都会って怖いですね…。

ぐんそーさん、ブログやめちゃったんですね。
結構交流があっただけに残念です…。

お疲れ様でした…v

政府・国民の支持率はワースト1位。 

つかペンタブほしいほしいって言ってる場合じゃないよ!!!!!
げんこーげんこー!!!!!
やばいよ~、あと25日切っちゃいました。

…こんなんで大丈夫なのか?

なんか2016年のオリンピックの会場として、
東京が1次審査を通過したとか。
通過した4都市のうち、最高評価だったとか。

いいよ、東京でオリンピックやんなくて…。
噂でビックサイトや周辺が会場だかなんだかで使われると聞いたもんで。

=コミケの開催が危ぶまれる

コミケなくなったらやだー。
日本でオリンピックしてもいいけど、どっか別の場所でやってくれ…。

さて昨日の続きでも。

カットモデルって美容師さんの切りたいように切られるのかと思ってたけど、
昨日は違いました。
なんかその美容師さん、全然女の人の髪を切ったことがないそうで。
美容師歴は約4年だそうですが。
なんかすごい気にしながら緊張してる感じでした。
おかげで私の緊張がほぐれましたよw
でも地元が一緒(なんと私が1年生の時の同じ小学校の6年生!…全然覚えてなかったけど)なので、
地元の話とかは結構盛り上がりましたw

美容師さんも先輩らしき人に教わりながらがんばっていました。
わかんない言葉とかもあったけど、
切ってもらった私も勉強になりましたv

結局教わりながらやっていたので、
終わったのは12時近くでした。
店員さんたちもみんな優しかったです。
こっちみんな撤回w
…だからってこっち見ろってわけでもないけどww

なんかまだまだ女の人の髪の毛切る練習が必要だそうで。
私でよければまた練習台になろうと思います。

なんせタダだしww

私でもできるモデル 

と言ってもカットモデルです。

今日はカットモデル体験してきました。
…この私がカットモデルですよ?
なんか美容師の専門行ってる友達の知り合いの人が人を探してるとのことで。
「あたしなんかでよければ…でもあたし髪質よくないよ?」
「いろんな髪の方が練習になるじゃん。」
納得。確かにその通り。
というわけで、引き受けさせていただきました。
なんせタダで髪切って下さるんですからw

普通のお客ではないんで、閉店後の夜9時頃行ったんですけど…

店員多過ぎ!!
推定8人くらい?
この時すでに緊張。
あぁ!こっちみんなー!!カットするところが台もありました。
こんな大きい美容院で切ってもらうの初めてだ。

ちょっと早かったのか、閉店後のお掃除中でした。
すみません、お邪魔しちゃって。
なので最後の反省会?のような話も聞いてしまいました。
今日の売上とか。
個人の売上まで発表してました。
しかし空気が…。
店長さんだかがビシバシダメ出し。
行動が遅いとか。
なんかすごく居づらかった…。
でもこういうふうにちゃんとしてるお店はもうかるんでしょうね。

また明日にでも続き書きます。

要流スパイクの打ち方。 

今日もバレーで南葛Tシャツを発見。
やめてください、ニヤニヤが止まりませんから…←変態

てかますます同じチームの4年生が松山に見えてくる…末期やなぁ。
もう一人は岬っぽいなぁなんて考えたり。
もう一人は源三をもっと細くしてかっこよく(笑)した感じだなぁなんてフィルターかけてたり。
…末期やなぁ。

授業はちゃんと受けてますよー。
今日はいよいよスパイク練習。
中学は一応バレー部だったんですけど、
やっぱ3年のブランクは厳しいですね。
感覚とかは全然残ってたんだけど、
ジャンプがね…。
あの時よく跳べたなぁと考えたり。
中学の高さだってのに、ネットかけまくり。
まぁ何本か打てましたが。高校の体育などのバレーは経験者は打っちゃいけないという暗黙のルール&
球技大会などは男子のネットの高さだったもんだから満足にスパイク練習なんてできなかったからな。
久々に打てて楽しかったv

スパイク打ってたらリベロ革命ってバレーの漫画の主人公・要の打ち方を思い出しました。
要は小さいからジャンプ力でカバー&とにかく高いところで打てるようにおもいっきり手を伸ばして上で打つようにしてたんです。
なんか急に思い出して、出来るだけ手伸ばして打ったら確かに入りやすくなりましたね。
まさか漫画の知識が今日役に立つとは。

ハリキリ過ぎてもうすでに肩周辺に違和感が…。
明日は筋肉痛か。

帰りに大学でバス待ってる時、うしろに並んでた人の会話。
女①「ダイエットしなきゃなぁ」
女②「やっぱ足だよね。足が痩せなきゃねぇ。」

…。
バスに乗るまで
「やっぱ足が痩せてなきゃ」トーク。
もう私に言ってるようにしか聞こえん。
あんたら痩せなくてもええやろ!!
後ろチラって見たら、十分細いじゃん!!!

すみませんね…OTL

カミングアウト大会 

いつか中央自動車道を中央フリーウェイを聴きながら走りたいです。

…絶対オタクじゃないと思ってた子がオタクだった。電王好きとは言ってたけど、ただ好き(別にオタではない)だと思っていたのでかなりビックリ。
だってオーラとか全然感じられなくて…。
大概オタクの子ってなんとなーくわかるんだよね。
オーラというか、雰囲気というか。

今回程わかんなかったのは初めてだ。
そんぐらい彼女ポーカーフェイスですた。

しかもオフ友にカミングアウトしたのが初めてだとかで、かなり気にしてました。
「なんかあたし気持ち悪いよね」

いや、あたしのがヤバイから…。
もう救いようのないオタですよ。
もう一人いた子と3人でカミングアウト大会になってしまいました。

私→腐女子
ポーカーフェイスの彼女→字書きさん。ドリーム大好き
もう一人の友→実はしょこたんの大ファン

↑もう一人の子もオタだというのは知っていたけど、
しょこたんのファンてのは初めて知りました。
明日は夜行バスで大阪のコンサートに行くそうです。
大変やなぁ。
でもいいなぁ。大阪。

TSUTAYAでアニメの話をしたりと楽しい時間を過ごせました。
オタクだからこそできる会話でしたなぁ。
「あ!これ見たいv」
と言ってエルガイムやあげだまを指してははしゃいでいた女は私です…。
きゃぷつばもあったし、店舗の大きさの割には種類が結構ありました。

てかジュウレンジャーのビデオが一本100円で全巻売ってたので買おうかと思ってしまった。
でも今の家ビデオデッキないし、
実家に置いておいても、
持ってった時点で親に「またこんなの買ってー」とあきれられるのも確かだからなぁ。

ジュウレンジャーほど敵が死なないスーパー戦隊も珍しいなぁ。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 あんころ日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。